はじめての方へ

小林友美

はじめまして、起業準備Webデザイナーの小林友美です

お会いできてうれしいです。

  • ホームページの作成で揉めてしまったり、嫌な思い、残念な気持ちになる人を減らします
  • 女性起業家が、安心して仕事を任せ、気軽に相談できるパートナーになります
  • Webサイトを通して、善行の種をまき、一緒に育てていきます

というミッションを持って、ひとりひとりに合わせたホームページを作っています。

小林友美のプロフィール

パソコン教室/パソコンインストラクター/ワードプレス(ホームページ)/Webマーケティング/アメブロカスタマイズ

北海道帯広市に戻ってきて6年目

 

高校への進路相談で、パソコンを使った仕事がしたいと「情報工学科」への進学を希望するも「数学が苦手だと、ついていけない」と言われ、地元の普通科高校に進学。

高校卒業時は就職氷河期、「安定した職に就けば幸せになれる」と言われ自衛隊に入隊。除隊後「今の時代は手に職」と感じ、Webデザインを独学で開始

道外で結婚生活を送る
2004年から、観光情報ホームページの管理・更新等を行う。

ある日突然、夫が無収入に…
子どもを預け、ダブルワークで家計を支えるも、生活は厳しくばかり。

そんな時、起業の話を持ちかけられるも
「私にはスキルも存在価値もない。Webで仕事なんてできない」とWebの一切を封印。二度とWebはしないと心に決める。

北海道に戻り離婚。

地元の福祉事業所で勤務していたところ、必要に迫られWebを再開することに。再開した当初は「私なんかで本当に良いのか?」という思いを感じることもしばしば。

「スキルも存在価値もない」という思い込みと戦い続ける毎日、そんな中少しずつ「私でも、だれかの役に立てるかもしれない…」と感じるように

ブランクを取り戻していき、WordPressを利用したネットショップの構築・管理・更新・指導に携わる。

これからの時代はどんな業種でも『Webのスキル』が必要だと実感。

その矢先、事業所の閉鎖により失職。

これはチャンスかもしれない

仕事を失った私は、福祉の資格を活かして仕事をしようと考えていたそんな時、ある方との出会いがあった。

「Webをやらないのはもったいない」とアドバイスを受け、「必要としてくれる人が待っている」私にしかできない仕事で、皆さんのお役にたちたいと独立を決意

パソコン教室・ワードプレスホームページ制作

直後よりホームページやパソコンの相談が増え、仕事の依頼を受るように

10代~60代までの幅広年齢層への指導経験をもとに、例え話を用いた、わかりやすい説明と、何がわからないかを汲み取ってくれると、好評を得ている

もっと早くに出会いたかった…

お客様より「もっと早く、出会いたかった」
「ちゃんと情報発信してください、もっと必要としている人が要るはずです」と言われ、情報発信に力を入れる。

必要としている人に、わかりやすい情報を届けたい!
今日も記事を更新している

屋号「さいとしーず」に込める思い

Web(サイト)を通して、善行の種(シード・シーズ)をまき、一緒に育てるという意味が込められています。

作って終わりのホームページではなく、そこから出会いを広げて社会に貢献することで、みんなが幸せになれる。

そんな仕組みを作っていきたいと思っています。