検索結果1位と2位では、倍以上の差が!

keyboard

検索順位に関するデータ

 

ソーシャルネットワークで、ホームページの入り口を探してくれる方も増加していますが、
一方、スマートフォンの検索でホームページを探す方も、2015年から大幅に増加しているのです。

 

スマートフォンからのインターネット利用者は2015年冬に、
パソコンからの利用者を超えると言われており、スマホ検索はアツいのです。

 

search-bar
FacebookやTwitter、LINEが流行っていて、そこから流れる情報でお腹いっぱい・・・
検索なんて誰がするの?
って思ったのではないでしょうか?
確かに、PCで検索する人は横ばいかもしれませんが、スマホ検索をする人が増加しています。

 

あなたも、お出かけ先で
「近くの コンビニ」
「安い 駐車場」
「地名 カフェ 営業時間」
「北海道 観光 おすすめ 子連れ」 
など、検索したことはありませんか?
普段、なかなか自分の時間が取れない方は、
「美容室」「エステ」「サロン」、「マッサージ」などを
検索したこともあるかもしれませんね。

実は、この検索順位のクリック率、
1位と2位では、2倍も違うんです

 

5位ぐらいまではクリックされる可能性がありますが、
6位以降になると、少し厳しい結果に・・・

Google検索順位 クリック率
1位  31.24%
2位 14.04%
3位 9.85%
4位 6.97%
5位 5.5%
6位~10位 3.73%

 

 

出典:The impact of blended search results on organic CTR in 2014
http://www.advancedwebranking.com/google-ctr-study-2014.html

 

スマホで検索するのは
「重要性が高く」「タイムリーに必要な情報」「気になって仕方ない」
という、が重要なキーワードです。
つまり、検索1位で表示されると、意欲高いお客様に出会える確率が上がります

 

blackboard

ショッピングセンターを例に、
例えてみると・・・
検索で訪れる方は「白の、春物の、トップスが欲しい」と具体的な目的があり、購入意欲が高い方
SNSで訪れる方は「なんとなく、時間つぶし」のウィンドウショッピング、特に目的が無く、何か良いものがあれば購入しようかなーと思っている方

 

shopping

もともと、情報を見る時の気持ちが違います。
もちろん、ビジネスにつながるのは、
目的意識がしっかりしている「検索してくれたお客様」ですよね

 

なので、
今も昔も、検索サイト対策は大切なんですよ。

 

検索に強いホームページとは?

 

SEO対策に有効なホームページは、WordPressです
Googleの検索責任者である、マット・カッツ(Matt Cutts)さんが、
「WordPress (ワードプレス)はSEOに効果的である」と発言しています。

ただ、WordPressでホームページを持っていればよい、という訳ではないのです。
WordPressは、記事(中味)を入れておくための仕組みですので、
良い記事が入っていないと、タダの箱になってしまいます。

 

「見て良かった」「読んでよかった」「知りたい事が分かった」
など

お客様が「欲しいなーと思う情報」を更新して行く。

 

発信者の個性が出た、オリジナリティーのある記事によって、
お客様に良い、経験や体験を提供できれば、
その価値を誰かに伝えたくなり拡散が自然に発生

それによって時間の経過と共に、
新たなお客様がホームページを訪れてくれるようになるのです

 

本日も、素敵な1日をお過ごしくださいね
起業準備Webデザイナー 小林友美

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆パソコン・Webの活用方法はニュースレターで配信しています。

 ニュースレターでは、今話題の情報や、24時間365日働いてくれるブログの作り方、知っているようで知らなかった、便利なパソコンの使い方などを配信しています。セミナーやイベント、勉強会などの情報もいち早くお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こばちゃん

パソコン教室・WordPerss・ホームページ作成を行う、起業準備Webデザイナー。 これから創業しようとする方、さらにステップアップしたい方のサポートを行う。 コツコツするのは得意だが、アイディアを出すのは苦手。 アイディアが湧き出て止まらない方の「イメージを形にする」のが得意。 趣味は旅行。北海道帯広在住。