グーグルが、表示スピードを重視?

display

グーグルさんが、どうやら表示スピードを重視しているらしい…

2015年の情報では「ページを表示する時間」ではなくて「クロールする時間」が検索結果に影響を与えている。

と言われていました…

しかし2016年の情報では、「グーグルさんが、表示スピードをかなり重視しているらしい」という情報が出てきたのです。

実際はどうなんでしょうか?考察していきたいと思います。

その前に…

「ページを表示する時間」と「クロールする時間」の違いがわからないですよね

「クロール時間」と「ページ表示時間」の違いって?

  • クロール時間ーサーバーからWebページ(単体)をダウンロードする時の時間
  • ページ表示時間ーサーバーからWebページをダウンロードして、さらに画像や、音楽、外部プログラム等を読み込んで、本当に表示されるまでの時間

わかりにくいですね、もう少し噛み砕くと

  • クロール時間ー検索サイトのロボットが巡回した時に、Webページを手に入れるための時間
  • ページ表示時間ーアクセスした読者さんが、記事を表示して見れるようになるまでの時間

では、何故今「ページ表示時間」を重視するようになったの?

それは、Webページの作り方が大きく変化したからです。

URLの最後に「.html」と付くページが減って、WordPress(ワードプレス)のように、URLの最後に「.html」と付かないページが増えたから

ではないかな?と思っています

自分のWebサイトの表示速度を測ってみよう!

Googleが用意しているページ表示速度を評価するツール

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

このツールで「85以上であることが望ましい」という事でさっそく

なんの手入れもしていない、作りたてのサイトを評価してみました。

 

hyouka

結果!

モバイルの結果は65

mobile

PCの結果は55

pc_test

はい、85には届きません。

修正が必要な個所を見てみると、

PC版ではプロフィールに使っている画像が大きすぎるのが原因だとわかりました。

修正が必要な項目を参考に、修正してみたら…

やったー83まで上がりましたよ。

pc-test2

85まで、あともうちょっとですね!

サーバーの応答時間を短縮する

レンタルサーバーが「専用サーバー」(賃貸一戸建て)ではなく「共用サーバー」(賃貸マンション)なので、専用に変えることでも速度UPできそうですが、費用対効果を考えると、お仕事を始めたばかりの時は共用サーバーで十分かと思います。

こちらの速度アップ、引き続きお送りしていきますね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆パソコン・Webの活用方法はニュースレターで配信しています。

 ニュースレターでは、今話題の情報や、24時間365日働いてくれるブログの作り方、知っているようで知らなかった、便利なパソコンの使い方などを配信しています。セミナーやイベント、勉強会などの情報もいち早くお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こばちゃん

パソコン教室・WordPerss・ホームページ作成を行う、起業準備Webデザイナー。 これから創業しようとする方、さらにステップアップしたい方のサポートを行う。 コツコツするのは得意だが、アイディアを出すのは苦手。 アイディアが湧き出て止まらない方の「イメージを形にする」のが得意。 趣味は旅行。北海道帯広在住。