車中泊仕様

私の趣味は車中泊です

私のアメブロですが、お仕事に使う前は「車中泊の話題」を主に書いていました。あれから3年以上たったのに、アメブロの検索結果を覗いてみると、車中泊まとめWikiさんからお越しくださっている方がいらっしゃることが分かりました。ごめんなさい、全部消してしまったので、こちらにリライトしたいと思います。

わが家のカローラフィールダー、しろちゃんは現在いません…

車中泊に使ていたのは、カローラフィールダー。2015年10月1日に事故に合ってしまいさようならしてしまいました。フルフラット(傾斜もなくまっ平)になるタイプに乗っていました。

fidlder1

平らにするために、ヘッドレストを外しておきます。

 

fielder2

 

濡れたものや、予備のサンダルを入れておくのに便利なバケット

 

feildar3

 

助手席の後ろは座面を跳ね上げると邪魔なため、座面を取り外します

160㎝を超える人はやや長さが足りないため、足元の隙間を埋める必要があります。助手席を前に移動し、助手席の後ろにクーラーボックスを詰めます

 

feilder4

 

クーラーボックスの上にクッションをひいて、隙間を埋めます。これで175センチぐらいまでは余裕で寝れます。

 

feilder5

 

このままだと固くて寝れないので、アルミのマットを敷いています。右側に小さい人(160センチ以下)左側に大きい人(175センチ・細身)の方が寝れば2人寝ることも可能です!

 

mat

 

アルミマットの上に、マットレスを敷くと完成!

 

mat2

車に宿泊しながら、北海道をぐるっとできます!北海道は夏でも工夫すれば、苦なく車中泊が可能です(冬は厳しいです)

お勧めスポット

札幌周辺は、車中泊のPointが無くて大変ですよね…ここでは書く事のできない、お勧めスポットをご用意しています、お問い合わせよりご連絡ください。

なんで車中泊するの?

手軽、便利、早い!そして雨の日でもプチキャンプ気分が楽しめます。特別な用意が必要ないのです。起きたらすぐに目的地っていうのも素敵ですよね!

危なくないの?

道の駅、SAなどで車中泊をされている方の多くは、リタイアされて旅を楽しむ年配のご夫婦やご家族が多いです。子どもとお母さんだけという組み合わせはあまりであったことがありませんが…天候の急激な変化以外、危険を感じたことはありません。

若いころ、雪降る中車中泊をしていた時に、大雪にあって危うく埋まりかけたことがあります。マフラーに雪が積もると大変なので、冬の車中泊は十分注意してください

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆パソコン・Webの活用方法はニュースレターで配信しています。

 ニュースレターでは、今話題の情報や、24時間365日働いてくれるブログの作り方、知っているようで知らなかった、便利なパソコンの使い方などを配信しています。セミナーやイベント、勉強会などの情報もいち早くお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こばちゃん

パソコン教室・WordPerss・ホームページ作成を行う、起業準備Webデザイナー。 これから創業しようとする方、さらにステップアップしたい方のサポートを行う。 コツコツするのは得意だが、アイディアを出すのは苦手。 アイディアが湧き出て止まらない方の「イメージを形にする」のが得意。 趣味は旅行。北海道帯広在住。