新着

0泊3日弾丸で韓国旅行に行ってみた②むしろ、何も起きない

飛行機の中でする事といえば…

とりあえず、すること無いから「機内誌を読む」と、仁川空港からソウルへ向かう直通列車が、18%引きになるチケットが、飛行機内で購入出来る事が判明。

勇気を出して、CAさんを呼んでみます!

呼び出しボタンは、頭上のパネルにあります。

こばとちゃん
こばとちゃん
このボタンを押すの、なぜか地味に緊張するのよね

日本円で無事に購入。お釣りも日本円です。日本語で書かれたパンフレットもいただきました。直通列車だけではなく、各駅に停まる一般列車もあります。

違いは、座席指定されているか?Wifiが使えるかどうか?出発時間ぐらいかな?

レシートの裏にスタンプを押してくれます。このレシートが引換券となって、直通列車の手続きができます。

地下1階の交通センターにある「トラベルセンター」という窓口で対応してもらうことになります。トラベルセンターは8:00オープンなので、早朝にソウルへ行きたい人にはおすすめできません。

ついたよ韓国!

機内からの撮影に関しては機内アナウンスがありました

・機内から韓国上空の撮影
・空港内の撮影

保安上の理由から、原則禁止されています

こばとちゃん
こばとちゃん
他の国に行った時は、言われたことがなかったので、びっくりだよ!みんな周知の事実っぽくって、さらにびっくりだよ!

事前に情報を調べておらず、ほとんど無知なまま入国してしまったので、到着早々、時差があるのか?今のレートがいくらなのか、空港内のフリーwifiで調べまくることに…

韓国は、キャッシュレスが進んでいるので、現金の両替は最低限でOK!

とりあえず2,000円を両替してみました。

空港で寝るとか「怖くないの?」って聞かれるけれど、ベンチが確保できないぐらい、みなさん仮眠を取っています。コンビニも、cafeも24時間営業なので、深夜に到着しても大丈夫です。1階で仮眠を取っている方々は、ソウルへ向かう始発電車を待っているようでした。

ベンチも確保できて、ホッとしたのもつかの間、聞いたことのない激しい音が、スマホから鳴り響きます(どうやら他の人のスマホも鳴っているようです)

 

こばとちゃん
こばとちゃん
いきなりの緊急メール、でも読めない。他の人も確認しているけど、特別変わった様子無く普通にしているってことは、大したことじゃないのかな?

とはいっても、やっぱり気になる!気になるものは、なんとしてでも調べる!

でも、この速報、コピペできない!!!!!!

なんとかアプリを経由させて、翻訳まで持っていけた…内容はいかに!

こばとちゃん
こばとちゃん
重要度がイマイチ掴めない!北朝鮮がミサイル打ったのかと、思ったよ。人騒がせな!

日本で緊急メールが来るときって、地震とかミサイルとか、集中豪雨や川の氾濫など、命に関わるような事が多いので、警報音風の音を聞くと流石にビビります。

私が滞在中も台風関連で4回ほど緊急速報が入りましたが、その中の2回は、注意喚起的な情報で特に読めなくても問題ないものでした。

通知が届いた時は、まず周りの韓国ネイティブの方を見る。反応を伺う。特に問題なさそうなら放置する。これが良いかと思います!

緊急メールの翻訳の仕方

帰国後、当時の様子を再現したため一部スマホの時間が、当日とは異なる部分がございます。ご了承下さい。

  1. スクリーンショットを撮影する
  2. グーグル翻訳の「カメラ入力」を設定
  3. インポートを押して、スクリーンショットを読み込む
  4. 翻訳したい部分を、指でなぞり、テキストをハイライト表示にします
  5. スマホ上部の青いバナー表示部分をタップする

 

さぁ、ソウルへ移動します!

朝になりました。この間、飛行場の中にあるコンビニがクレジットカードが使えるのかどうか、全くわからず買い物ができないでいました。

日本では、クレジットカードが使えるレジには、高確率でクレジットカードブランドがレジ近くや、店の入口に表示されていますが、韓国ではむしろクレジットカード決済が当たり前なので、殆どの場合はクレジットカードブランドの明記はありません。しかも決済の端末も日本のものとは形が違うことが多く、韓国の方が手渡ししているカードも、電子マネーカードなのか?クレジットカードなのか、見分ける事ができず一晩を過ごしました。

こばとちゃん
こばとちゃん
クレジットカードを手渡ししてみて、最悪使えなかったら現金で決済すればいいのに、手持ちの現金が少なすぎて現金使うのが怖かったー

8:00にトラベルセンターでAREXのチケットに交換。8:08の列車に飛び乗ります。

乗車券の代わりになるのが、このレシート

  1. 号車とシートナンバーが書かれています
  2. 利用日が書かれています
  3. 出発地と出発時間
  4. 到着地と到着時間

車内でチェックされること無く、ソウルまで直通で移動できます。

車内では、車内誌をチェック!日本語で書かれているページもあります。

ソウル駅で、地下鉄1・4番に乗り換えると、お得になる方法があるみたいですが、残念ながら乗換方法がわからず、割引対象外でした(笑)

車内のモニターを眺めていると「独島は韓国の貴重な場所です」といったメッセージのプロモーションビデオが流れていて、海外のお客に対してプロモーションするならば、この方法は的確なんだろうなー

と思いつつ、Wifiで検索している間にソウル駅へ到着!

台風が近づいてきています。雨はまだ降っておらず、風が強く吹いていました。

日本人女性がソロで旅行をして、ソウル駅の正面で動画を撮影していても特に何も起きません。イヤな顔をされることもありませんでした(個人談)

予定が無くなってしまったので、韓国を代表する王宮、ソウルの景福宮へ向かいます。

この時点では、門があいていて人が出入りをしています

信号を渡って、入り口に来たときには、すでに門が閉まっており…

窓口の係の方が、来る方、来る方に説明しています。

イングリッシュOK?と聞かれたけれど、NOと答えた所…

「タイフーン、オールキャッスル、クローズド」って説明してくれました。4つの宮があるが、全てクローズです、とのこと。雲行きが怪しくなってきました。

景福宮の近くにあるバス停の電光掲示板です。上手く撮影できなかったのですが、気温が29度で、風速が17Mと表示されていました。

とりあえずバスの乗り方がわからないので、他の乗客が乗るのを確認する必要があります。

バスの行き先は、日本の観光客にはお馴染みの明洞(ミョンドン)グーグルMAPの言うとおりに、バスに乗車します。

こばとちゃん
こばとちゃん
一人で旅行ができて、バスに乗れるのも、グーグルのおかげだわ。

バスは、前乗り、中降りでした。乗る時に、Tmoneyカードをセンサーにタッチして乗ります。

降り方もわからないので、乗っている間も、周りを見るのに必死

どこを走っているのか、わからんし、乗車中はオフラインなので周りを見渡して確認!

降りる場所が近づいたら、ボタンを押して、走っているうちに出口付近に移動します。出口のセンサーにTmoneyカードをタッチして(なんでか、わからないけど)下車します。

ウロウロと歩き回り、大きな免税店に入りWifiをゲット!

デパ地下?ならぬ、免地下?には、日本と同じで美味しそうな物がたくさん並んでいました

韓国の伝統的なお菓子。

韓国では「キンパ」っていう太巻き寿司(のりまき)がありますが、お稲荷さんも有るみたいです!このあたりは味の想像ができるので、比較的挑戦しやすいかも!

と、言いつつもここでも食事は摂らずに、移動します!

明洞のユニクロは、やっぱり出入りする人が少ないように感じます。地元の方よりも海外の方の出入りが多かったような気がします。台風だからか人通りも少なく、雨が降ったり、やんだり…

おしゃれなショップの看板には日本語で「私達のお店でご購入されていないお客様でも、どなたでもご利用いただける空間です楽しい旅行道中、少し疲れてきたら、店内の椅子や外のベンチで休んでいってくださいね」と書かれています。

お客様の導線を作る工夫として、上手だなって思ったので撮影。

この店舗は角地に立っているのですが、2階も素敵でした!

ソウル駅に戻り、ロッテマート(ロッテアウトレット)に立ち寄った所、この旅で初めて見かけた自動販売機は、日本でもおなじみの大塚製薬でした。

ソウル駅では、何かの集会が行われていました。

よく見るとトラックの荷台がステージになっており、玉ねぎ男さんの顔が発見できます。

韓国の国旗の他に、アメリカの国旗を降っている方が居て、何を訴えていらっしゃるのか?は分かりませんでした。集会の中をかすめても特に何も、問題はありませんでした。

傘や雨カッパを持っている人たちも多く居ます。少しずつ、天気が崩れてきました。

少しでも、空港に近づいてた方が良いと思い、大(ホンデ)方面に向かおうとした所…

空港鉄道の運行が中断(笑)

こばとちゃん
こばとちゃん
この時点で、韓国の方よりも、むしろ自然災害(台風)の方がよっぽど怖い…

途中で日本人の女性とすれ違った時に「困りましたねー」と話しかけた所、あれよ、あれよとタクシーで空港まで戻ることに。運転手さん、めっちゃ日本語話してきます。

スマホを使いこなし、ラジオで道路状況を確認し、他のタクシーとも情報をやり取りしながら運転。閉鎖していない道を的確に選択。仕事のスキル高いってこういうことを言うんですね。(ドライバーさん、見た目は75歳ぐらいに見えました)

おじさんの話によると、空港へつながる2本の橋の内、1本は閉鎖。もう1本は2階建てになっており、上と下があるが、上は強風で閉鎖、下しか通れない。

飛行機はなんとかタイミングを見て降りては来てるが、殆どの便で遅れが出ているとのこと。

街の中は強風でいろいろな物が飛んでいました。

渋滞をくぐり抜け、無事空港に到着!

空港についた頃には、空港鉄道が再開してました、しかも私が乗る便の搭乗まで約10時間ある(笑)一緒にタクシーに乗った女性と別れて、とりあえず、ご飯でも食べます…

韓国で始めての食事はこちら。

辛い冷麺とハーフのキンパのセット6,500₩

空港職員さんもよく使うような、庶民的な価格のお店でした。第1ターミナルの1階にあります。茶色い液体は、お茶じゃなくて、だしのきいたスープ。一瞬ビックリしたけどおいしかったです!

飛行機の出発は翌2:40、この時点で搭乗手続きまで、8時間以上あります。荷物の重さに制限があるのでとりあえず「軽くて小さいお土産」を探しにウロウロしようと思います。

日本でもおなじみの、ロッテキシリトールガム

充電しつつ、ノートパソコンで仕事をこなしつつ待つこと約2時間。

1通のメールが届きます。

何度調べても、欠航しています。

こばとちゃん
こばとちゃん
0泊3日の予定が、結構のため0泊4日に…

とりあえず帰りの便を取らないといけません。3,750円で帰れる別便は取れそうにないので、翌日の便に振替えることに。

カウンターでやり取りしていた人もたくさんいましたが、決まって「ネットで手続きしてください」とアナウンスされていました。ネットが苦手な人だとこの状況は辛い。

無事にチケットを振り替えたところ、なぜか差額が発生-20円。なんだろう?

帰れない旨を各所に連絡。その後の行動はこちら

空港で宿泊先を探す→満員→近くでゲストハウス見つけるも、宿泊費が1,700円で安くて流石にビビる。予約しようと思ったら、最終電車が終わっていた。タクシーも台風の影響でしばらく捕まらない→ホテルのチェックイン時間が終わる→空港を出ることを諦める→空港でスパ見つける→人多く入場規制で入れない

結局空港で夜を過ごすことに。もう、慣れて来ましたこの展開。

良くも悪くも、1日滞在が延びたので、翌日の予定を組み立てることに。

dmzも第3トンネルのツアーも直前過ぎて予約できず…

こばとちゃん
こばとちゃん
無計画な旅も良いものです。ストレングス・ファインダーの「適応性」の特性が合ってよかった!むしろ、こういう状況嫌いじゃない。

こうなったら泳ぐしか無い!でも今回流石に水着は持ってきていない(この後水着を忘れたことを後悔します)

翌日に続く!!!

話の前

ABOUT ME
こばと ちゃん
こばと ちゃん
完成してからが本番!伴走型のWeb屋│中小企業庁認可ミラサポ専門家-派遣実績あり無料派遣可能│オンライン養成講座のための会員サイトの構築をしています。